証券会社を比較、取引手数料や振込手数料、無料ツールや注文方法などを比較。証券会社の個別の詳細も。株ってなぁに?で学ぶ、株初心者でも株式投資で負けない知識。

株とは何か?株ってなぁに?そんな疑問に答えます。
株初心者のシンが自ら勉強し、体験したことを踏まえて分かりやすく説明しています。
株のリスクを最小限にし、コツコツと株の投資利益をあげる方針です。

初めての方ははじめにからどうぞ。詳細はサイトマップへお入り下さいm(_ _)m
現在「株ってなぁに?」では乱立防止のため、相互リンクの募集は中止しています。
相互リンク以外はこちらのメールよりご連絡下さい。
超おすすめサイト!やさしい株のはじめ方 / 初心者のための割安株ドットコム / 株の学校
サイトマップ  |  証券会社を比較  |  情報を収集しよう!  |  リンク集  |  お問合せ

東洋証券

ホームトレードの東洋証券

東洋証券は、1ヶ月に何度も株取引を行う人にはやさしい手数料体系になっています☆

反面、取引回数が少ない方にはやや高めの取引手数料になっています。(^^;)

↓↓↓東洋証券資料請求(無料)↓↓↓

「1カ月の取引数が多い方にオススメ、東洋証券

東洋証券についていろいろ見てみたい方は、下記をクリックすれば各項目へジャンプします。





1. 手数料の説明

東洋証券の手数料は、一般コース会員コースに分かれています。

1か月にあまり取引をしないという方には一般コース、

何度も取引をするという方には会員コースがおススメです☆



一般コース・・・1回の売買の手数料。1回の取引の値段によって変化。参考→「手数料で比較

会員コース・・・1ヶ月の定額手数料。


一回の売買代金についての手数料
〜100万円 864円
以降、100万円超過分に0.0108%を加算
(取引報告書等を電子交付選択の場合)
上限は3,240円
※手数料価格は税込み価格


一般コースは、少額での株取引する方には少々手数料が高めかなと感じます。

ただ、手数料の上限が決められていますので1回の売買額が大きい方向きですね(^^;)



会員コース
1ヶ月の定額条件 手数料
60回取引または
月間約定代金累計1億5,000万円まで
10,800円
※手数料価格は税込み価格


会員コースでは取引回数が60回までは手数料一律ですので、

コンスタントに月60回の取引をした場合は


10,800円(税込)  ÷  60回  =  180円


となり、代金に関わらず計算上の1回の手数料はかなりお得になります♪
(売買代金が月合計1億5,000万円以下)



もし月の取引回数や取引代金合計が超過した場合は、

約定代金が100万円までは432円(税込)、100万円超過の場合は超過分に0.0108%を加算した

手数料が別途かかるようになります(^^;)
(取引報告書等を電子交付選択の場合、上限は2,160円)







▲このページのトップへ▲


2. ネット振込と振込手数料の説明

東洋証券では東洋カードを発行していて、リアルタイム入金が可能です♪

そしてこの東洋カードは、なんと全国ありとあらゆるところに設置されている

ゆうちょ銀行やセブン銀行等のATMで利用できるんです(^o^)/

しかも、入出金などの利用手数料は無料です!



東洋カード利用可能日時など
東洋証券の東洋カードの利用可能日時-「株ってなぁに?」



また、東洋証券では提携銀行からのリアルタイム入金が可能です!

リアルタイム入金の場合、即座に証券口座に反映されるんです(^o^)

今すぐに株が買いたい!すぐに東洋証券に入金したい!って人にはお得なサービスですね(^ ^)



いま東洋証券では、ネット振込を取扱っている金融機関は下記の5つあります。


  • 楽天銀行 ---楽天銀行かんたん決済プラス
  • ジャパンネット銀行---リンク決済
  • みずほ銀行---スーパーデビット
  • 三菱東京UFJ銀行---ネット振込(EDI)
  • 三井住友銀行---ウェブ振込サービス



これらを東洋証券は取り扱っています☆

ただし、東洋証券のリアルタイム入金は手数料がかかりますので注意して下さい(^^;)

銀行の振込手数料無料プランがあれば別ですが、通常は別途振込手数料が必要となります。
参考→「振込手数料で比較



また、入金限度額や入金可能時間も銀行ごとに異なってきますので注意して下さいね。



銀行ごとの入金限度額と入金可能時間
東洋証券の提携銀行による入金限度額と入金可能時間-「株ってなぁに?」



ネット振込については、「ネットバンクを活用しよう」のページで詳しく載せています。



▲このページのトップへ▲


3. ループ取引ができる

東洋証券では、ループ取引ができます。

1日の間に同一資金で、異なる銘柄を何度でも売買できるんです♪

なので、少ない資金を次々に回転させて株を売買して利益を出すことが可能になりますね(^o^)



東洋証券のループ取引-「株ってなぁに?」



ただし、東洋証券はループ取引くらいで

逆指値や指値+逆指値など、そのほかの特殊注文はありません(^^;)



▲このページのトップへ▲


4. その他

IPO(新規公開株)も取り扱っています。

東洋証券は、IPOの取扱いがあります☆

もちろん、参加や購入手数料は無料です。

ただし、取り扱うのは主幹事の時のIPOのみとなります(^^;)



モバイルサイトがあります。

ガラケーからの取引ができます。

ちなみにスマホやタブレットなどは動作環境の確認が出来ていないようで、

基本的に利用は推奨されていません。

             東洋証券のモバイルサイト-「株ってなぁに?」



◇その他取扱い金融商品

中国株・投資信託・信用取引・国債



▲このページのトップへ▲



1か月の取引回数が多い方には、激安な手数料の東洋証券がオススメ!

東洋証券の口座開設(無料)

↓  ↓  ↓


東洋証券資料請求(無料)」



NISA(ニーサ)で比較」、「NISA(ニーサ)とはを新たに追加☆
-NISA(ニーサ)-
比較したい方は…
知りたい方は…
NISA(ニーサ)
-サイトコンテンツ-
トレーダーズプレミアム
経済ニュース
世界の株価
世界の株価を見る!
(30秒おきに自動更新☆)
管理用ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
超おすすめサイト!やさしい株のはじめ方 / 初心者のための割安株ドットコム / スイングトレードの達人
サイトマップ  |  証券会社を比較  |  情報を収集しよう!  |  リンク集  |  お問合せ

サイト内及びリンク先の情報等で生じた損害、
トラブル等につきましては、管理人は一切の責を負いません。
尚、株式など投資は自己責任で行ってください。
Copyright © 2017 株ってなぁに? All Rights Reserved.
当ホームページの全ての文章の文責および著作権は「株ってなぁに?」に帰属します。
guided by Web-atelier imoto