証券会社を比較、取引手数料や振込手数料、無料ツールや注文方法などを比較。証券会社の個別の詳細も。株ってなぁに?で学ぶ、株初心者でも株式投資で負けない知識。

株とは何か?株ってなぁに?そんな疑問に答えます。
株初心者のシンが自ら勉強し、体験したことを踏まえて分かりやすく説明しています。
株のリスクを最小限にし、コツコツと株の投資利益をあげる方針です。

初めての方ははじめにからどうぞ。詳細はサイトマップへお入り下さいm(_ _)m
現在「株ってなぁに?」では乱立防止のため、相互リンクの募集は中止しています。
相互リンク以外はこちらのメールよりご連絡下さい。
超おすすめサイト!やさしい株のはじめ方 / 初心者のための割安株ドットコム / 株の学校
サイトマップ  |  証券会社を比較  |  情報を収集しよう!  |  リンク集  |  お問合せ

松井証券

斬新なサービスを提供する、松井証券

松井証券は、常に新しいサービスをどこよりも早く打ち出しています☆

手数料無料を打ち出したのも

インターネット経由で複数気配を公開したのも松井証券が一番最初だそうです。

松井証券の独自なツールは口座を開くだけで、ほとんどが無料で使えます!!



そしてIPO(新規公開株)も積極的に取り扱っています!

松井証券資料請求(無料)→「初めてでも簡単!安心!松井証券のオンライントレード

松井証券のさまざまなサービスについて内容を詳しく見てみたい方は、

下記をクリックすれば各項目へジャンプします。




1. 手数料の説明

松井証券の手数料は、ボックスレートという非常にシンプルでわかりやすいスタイルになっています。



表にしてみましたので、参考にしてください。

1日の約定代金合計金額 手数料
〜10万円 無料
〜30万円 300円
〜50万円 500円
〜100万円 1,000円
〜200万円 2,000円
100万円増えるごとに1,000円加算
1億円超 100,000円(上限)
※手数料価格は全て税抜き価格


1日の売買代金が10万円以下なら、なんと手数料が無料です☆

50万までの手数料も安いので、1日の売買代金合計が少ない方にはオススメです。。
参考→「定額手数料で比較



▲このページのトップへ▲


2. ネット振込と振込手数料の説明

松井証券は、すべてのネット振込ができる金融機関からの振込手数料が無料なんです!

入金出金どちらでも、手数料は一切取られません!!

しかも入金の場合、即座に証券口座に反映されるという利点もあるんです。(即時入金サービス)

ですから、頻繁に金の出し入れする人にはかなりお得になると思います。



いま、ネット振込を取扱っている金融機関は下記の8つあります。




これらすべてを松井証券は取り扱っていて、ネットでの入出金が無料なんです。
参考→「振込手数料で比較



ネット振込については、「ネットバンクを活用しよう」のページで詳しく載せています。



▲このページのトップへ▲


3. 注文の項目を見る

松井証券の注文する項目はこんな感じです(買いのとき)↓

松井証券-注文の項目-「株ってなぁに?」



市場選択は、たいていの場合は主市場ですからそのままほっておいてもいいです。

買いたい株数を指定します。(購入可能な単元株数に注意)

指値の場合は買いたい値段を記入。成行きの場合は「成行」の項目をチェック。



執行条件(寄付、引け、指成)は指定がなければ飛ばしていいです。

あとは有効期間を「当日」か「週末まで」を指定して注文確認へ。

問題なければオッケー☆



注文はこんな感じで、実に簡単です(^o^)



そしてそして、松井証券には逆指値追跡指値もできます!

項目はこんな感じです↓


松井証券-逆指値や追跡指値が松井証券はできます-「株ってなぁに?」



左が逆指値のときで、右が追跡指値のときです☆

追跡指値にいたっては、「買い指値をしながら、ナンボ以上になったら買い」や

「売り指値をしながら、ナンボ以下になったら売り」とできますので、

利益確定とロスカットなどの注文を同時にできる優れものですね♪



松井証券-利益確定とロスカットなどの売買注文が同時にできます-「株ってなぁに?」



▲このページのトップへ▲


4. IPOを取り扱っている

松井証券では、IPO(新規公開株)を多数取り扱っています。

上場初日から、値上がりする可能性が大である新規公開株。



松井証券は、他証券会社よりもIPOの抽選が数日遅いんです!

と、いうことは他社で抽選に落ちても再度、松井証券で抽選をけるチャンスがあるってことです☆

IPOを積極的にやりたいって方は、口座を開いておきたい証券会社のひとつですね♪



▲このページのトップへ▲


5. 株価ボードが使える

株価ボードは、自動株価更新ツールです。

松井証券では、この株価ボードを口座を開くだけで無料で使えるんです!!



株価ボードはこんな感じです。

↓  ↓  ↓

株価ボード

10銘柄×10ページで、計100銘柄まで登録可能です!!

常に株価を監視した状態にしておけるので、かなり便利です☆



▲このページのトップへ▲


6. ネットストック・ハイスピードが使える

松井証券ではリアルタイム情報と、注文発注・約定確認ができるネットストック・ハイスピード

口座を開くだけで無料で使えます。


中身はこんな感じです。

↓  ↓  ↓

ネットストック・ハイスピード

ネットストック・ハイスピードは、スピード注文ドラッグ注文の2種類の注文画面があります。



銘柄の動きを分析する機能も充実しています。

急騰落した銘柄を知らせてくれる「株価急騰落分析」、

現在値が設定した近接率以内の銘柄を表示する「株式近接率分析」などがあります☆



その他にも、各種指数、海外指数、チャート、銘柄ランキング、リアルタイムニュース、

口座状況なども見ることができるのでかなり便利です。



機能がいっぱいあって最初は戸惑うかもしれませんが、

慣れてくると非常に扱いやすくできているので初心者でも安心して使えます。



【ハイスピードα】

松井証券では、ハイスピードαが携帯から使用できます。
(対応機種はこちらのページの下部参照)

銘柄登録も10銘柄×10グループの最大100銘柄が可能です☆

自動更新頻度は5秒、10秒、1分、10分、30分と幅広く設定できます。
(パケット料は別途かかります)



そして、ハイスピードαではテクニカル分析も可能なんです(^o^)

上段に移動平均線と一目均衡表とボリンジャーバンド。

下段に出来高、MACD、ストキャスティックス、RSI、DMIを見ることができます!



下図はその組み合わせの例です↓
一目均衡表と出来高 ボリンジャーバンドとMACD 移動平均線とストキャスティクス
松井証券のハイスピードα-一目均衡表と出来高-「株ってなぁに?」 松井証券のハイスピードα-ボリンジャーバンドとMACD-「株ってなぁに?」 松井証券のハイスピードα-移動平均線とストキャスティクス-「株ってなぁに?」
移動平均線とRSI 移動平均線とDMI  
松井証券のハイスピードα-移動平均線とRSI-「株ってなぁに?」 松井証券のハイスピードα-移動平均線とDMI-「株ってなぁに?」  
ハイスピードαではスピード注文もできますし、

これだけテクニカル機能充実してたら外出してても、買い時売り時がわかるしいろいろ安心ですね♪



▲このページのトップへ▲


7. QUICK情報が見れる

松井証券には、QUICK情報という色んな情報を見ることができるツールがあります。

市況ニュース、海外市況や株式ランキングなどなど.......。

それがなんと口座を開くだけでタダで使えるんです!!
松井証券のQUICK情報-市況ニュース、海外市況や株式ランキング、銘柄スクリーニングもあります-「株ってなぁに?」
←左の項目を見てください。

ずら〜っと項目があります。

これが全て無料なんでお得ですね☆




←特に銘柄スクリーニングなんかは

みなさん使われるんじゃないかなと思います。



銘柄スクリーニングの中身はこんな感じ

↓  ↓  ↓

銘柄スクリーニング

会社基本情報、ファンダメンタル指標、テクニカル指標で

分かれているとスクリーニングしやすいですね。
▲このページのトップへ▲


8. アナリストが発信する情報が無料

松井証券では、アナリストが独自に分析、レポートしたものが無料で見ることができます!

リサーチネットアナリストレポートがそれに当たります。



リサーチネットはQUICK社が発信する証券・金融データベースとアナリストコメントのサービスです。

中身はこんな感じですので参考にしてください。

↓  ↓  ↓

リサーチネット

個別銘柄、マーケット全体、IPO(新規上場)、株主優待、とれんど選隊のページがあって、

豊富な情報量を取り揃えているようですね。



アナリストレポートは、リーマン・ブラザーズ証券のアナリストがレポートしたものです。

ただし、「松井証券およびリーマン・ブラザーズ証券の閲覧ルール」のところで

、、、について、随時、買い持ち又は売り持ちポジションを有していることがあるかもしれません。

とあるので、

情報の裏をかかれる可能性もありますので、うのみにするのは待ったほうがいいかもしれませんね・・・(笑)



▲このページのトップへ▲


9. その他

携帯から取引ができる。

ドコモ・Au・ボーダフォンに対応しています。対応機種については、詳細が載っているこちら



無期限信用取引を扱っています。
無期限信用取引・・・返済期日を設けない信用取引



預株ができる。
預株・・・株を預けて、それを証券会社が貸し付けることによって、お金を受け取ること。



先物オプション取引FXETFETNREITを取り扱っています。



▲このページのトップへ▲



ちなみに、口座開設後に送られてくる資料にネットストック〜ご利用の手引き〜というのがありますが、

非常にわかりやすく書かれているので株初心者でも安心して始められます。

松井証券は常に投資家を中心に考えているって感じが伝わってきますね☆

松井証券の口座開設(無料)

↓  ↓  ↓


松井証券資料請求(無料)」



NISA(ニーサ)で比較」、「NISA(ニーサ)とはを新たに追加☆
-NISA(ニーサ)-
比較したい方は…
知りたい方は…
NISA(ニーサ)
-サイトコンテンツ-
住信SBIネット銀行
ランクによって、2つの
手数料無料回数が変わる☆
1.ATM利用料がおトク!
2.他行振込手数料がおトク!
(平成28年1月〜)

住信SBIネット銀行
【即時入金可能な証券会社】
・SBI証券
・エイチ・エス証券
・安藤証券
・GMOクリック証券
・むさし証券
・ライブスター証券
・岡三オンライン証券
トレーダーズプレミアム
経済ニュース
世界の株価
世界の株価を見る!
(30秒おきに自動更新☆)
管理用ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
超おすすめサイト!やさしい株のはじめ方 / 初心者のための割安株ドットコム / スイングトレードの達人
サイトマップ  |  証券会社を比較  |  情報を収集しよう!  |  リンク集  |  お問合せ

サイト内及びリンク先の情報等で生じた損害、
トラブル等につきましては、管理人は一切の責を負いません。
尚、株式など投資は自己責任で行ってください。
Copyright © 2017 株ってなぁに? All Rights Reserved.
当ホームページの全ての文章の文責および著作権は「株ってなぁに?」に帰属します。
guided by Web-atelier imoto