証券会社を比較、取引手数料や振込手数料、無料ツールや注文方法などを比較。証券会社の個別の詳細も。株ってなぁに?で学ぶ、株初心者でも株式投資で負けない知識。

株とは何か?株ってなぁに?そんな疑問に答えます。
株初心者のシンが自ら勉強し、体験したことを踏まえて分かりやすく説明しています。
株のリスクを最小限にし、コツコツと株の投資利益をあげる方針です。

初めての方ははじめにからどうぞ。詳細はサイトマップへお入り下さいm(_ _)m
現在「株ってなぁに?」では乱立防止のため、相互リンクの募集は中止しています。
相互リンク以外はこちらのメールよりご連絡下さい。
超おすすめサイト!やさしい株のはじめ方 / 初心者のための割安株ドットコム / 株の学校
サイトマップ  |  証券会社を比較  |  情報を収集しよう!  |  リンク集  |  お問合せ

SBI証券(旧イートレード)

    ※2017/6/26現在

充実したサービスのSBI証券

SBI証券は、口座開設数IPO(新規公開株)の取扱数がネット証券業界No.1です。



SBI証券はいろんなサービスがいっぱい充実してます!

しかも口座を開くだけで、ほとんどが無料で使えるんです(^o^)

特に株式情報の種類が豊富で、めちゃ使えるんでかなり重宝します☆



そしてそして、手数料は業界最低水準ですので、非常に安く株取引ができます。

SBI証券資料請求(無料)→「No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

SBI証券の内容を詳しく見てみたい方は、下記をクリックすれば各項目へジャンプします。




1. 手数料の説明

SBI証券の手数料は、スタンダードプランアクティブプランの二つがあります。


スタンダードプラン・・・1回の売買の手数料。1回の取引の値段によって変化。参考→「手数料で比較

アクティブプラン・・・1日の定額手数料。1日の売買代金合計によって変化。参考→「定額手数料で比較


各詳細は下の表です。

スタンダードプラン   アクティブプラン
金額 1回の売買代金
についての手数料
金額 1日の売買代金合計
についての手数料
〜10万 139円 〜10万円 96円
〜20万 185円 〜20万円 191円
〜50万 272円 〜30万円 286円
〜100万 487円 〜50万円 429円
〜150万 582円 〜100万円 762円
〜3000万 921円 約定代金合計額
100万円超ごと
400円ずつ加算
3,000万円超 973円
※手数料価格は全て税抜き価格 ※2017/6/26現在


一日に何度も取引しない人でも、何度も取引する人でも安い手数料プランですので助かります☆

私自身も取引が多い日と少ない日があるので、SBI証券は頻繁に使わせてもらっています。



▲このページのトップへ▲


2. ネット振込と振込手数料の説明

SBI証券は、すべてのネット振込ができる金融機関からの振込手数料が無料です☆

入金でも出金でも振込手数料は一切取られません!!

しかも入金の場合、即座に証券口座に反映されるという利点もあるんです。(即時入金サービス)

ですから、頻繁に金の出し入れする人はかなりお得なサービスですね(^ ^)



いま、ネット振込を取扱っている金融機関は下記の12行あります。





これらすべてをSBI証券は取り扱っていて、入出金が無料なんです☆
参考→「振込手数料で比較



ネット振込については、「ネットバンクを活用しよう」のページで詳しく載せています。



▲このページのトップへ▲


3. 注文の項目を見る

SBI証券の注文画面はこんな感じです↓


SBI証券の注文画面-「株ってなぁに?」



買いか売りを選択し、銘柄コードを記入。

市場を選択します。(選択しなくても可。メイン市場に項目が自動で切り替わります)

購入株数を入力し、指値か成行を選択します。指値の場合のみ値段を記入します。

期間は当日〜15営業日まで自由に選べます。



取引パスワードを入力し、注文確認画面へ。

入力間違いが無ければオッケー☆

注文に慣れてきて確認する必要がなくなった場合は、「注文確認画面を省略」にチェックを入れ、注文発注。



SBI証券では逆指値が可能です☆

そう、あのリスク管理ができる逆指値です(^o^)

SBI愛好者の私としても非常に嬉しい注文方法です!!



ロスカットの重要性でも述べているように、株をする上で損切りはかなり重要な要素になってきます。

それを機械的にしてもらえる逆指値が必須なものなのは、多くを語らずとも周知のことだと思います。

これからもSBI証券のサービス向上には大注目ですね♪

注文の項目はこんな感じです↓


SBI証券の注文画面。SBI証券では逆指値もできます-「株ってなぁに?」




▲このページのトップへ▲


4. 株式情報が見れる

SBI証券の株式情報は、銘柄ごとに詳しい情報を得ることができます。

中身はこんな感じです↓

SBI証券の株式情報は、銘柄ごとに四季報やニュース、評価レポートなど詳しい情報を得ることができます-「株ってなぁに?」



赤枠のところを注目して欲しいのですが、項目の数がいっぱいありますよね?

これらを各銘柄ごとに全部タダで見ることができるんです☆

四季報やニュースなんかはみなさんよく見る項目じゃないかと思います。



その中の分析項目を下で挙げてみます↓



▲このページのトップへ▲


5. 分析評価が見れる

SBI証券の分析評価で、企業の状態が一目瞭然です。

こんな感じです↓


SBI証券の分析評価では成長性、割安性、企業規模、テクニカル、財務健全性がひと目でわかります。また、他銘柄との比較もできます-「株ってなぁに?」



成長性、割安性、企業規模、テクニカル、財務健全性がひと目でわかるのがすばらしいですね☆



▲このページのトップへ▲


6. IPOがすごい

SBI証券は、ネット証券業界でIPO取扱数がトップです!!

そうです、儲かる確率が非常に高いIPO(新規公開株)を多数取り揃えているんです☆



IPOは抽選なのですが、抽選にはずれてもIPOチャレンジポイントというのが1Pもらえます。

IPOチャレンジポイントを貯めて、ここぞってときに使うと当選しやすくなります☆



たいていの場合は抽選にはずれてしまうので、日ごろからその気が無くても抽選に応募しておけば

どんどんIPOチャレンジポイントが貯まっていきますので、ホントに買いたいときに使うといいですよ。

もし当選してしまっても、嫌であれば買うのを拒否することもできます。

私自身も現在、何度も挑戦してIPOチャレンジポイント貯めまくってます(笑)



▲このページのトップへ▲


7. 投資情報&ツールは有料が多い

SBI証券の多数無料サービスがある中で、リアルタイムな情報、ツールは有料が多いんです。

プレミアムニュースやニュース配信サービスなどがこれに当たります。



ただ、HYPER SBIは条件付で無料で使えます。



表にしてみましたので、参考にしてください。

HYPER SBI
概略 マウス操作だけで
発注、指値変更、取消ができる
ドラッグ&ドロップ発注機能
価格(税抜) 1ヶ月500円
3ヶ月1,500円
無料条件 前月1ヶ月間の約定合計1回以上、
かつ電子交付サービス利用。

信用もしくは先物・オプション口座の開設。

新規口座開設した方は、
1ヶ月間無料。
※2017/6/26現在


たしかに有料だと気が引けてしまいますが、有料なりに有益なツールや情報であることは確かです。



▲このページのトップへ▲


8. S株取引ができる

SBI証券は、単元株数未満を取引できるS株というのを取り扱っています。

例えば、単元株数が100株の場合でも1〜99株が買えるわけです。

少資金での投資を考えている方にはオススメですね☆



手数料は、約定代金×0.5%(税抜)です。
※最低手数料50円(税抜)。



▲このページのトップへ▲


9. 夜間取引(PTS取引)ができる

SBI証券は時間外に取引が出来る、夜間取引(PTS取引)ができる唯一の証券会社です☆
取扱い銘柄は現在は3,500銘柄程度です。



デイタイム・セッションナイトタイム・セッションがあり、

【デイタイム・セッション】
8:20〜16:00の時間帯で取引ができます。※2017/6/26現在

【ナイトタイム・セッション】
18:00〜23:59の時間内で夜間取引ができます。※2017/6/26現在

手数料は下記の表になります。


1注文の約定金額
手数料
〜10万
132円
〜20万
176円
〜50万
259円
〜100万
462円
〜150万
553円
〜3,000万
876円
3,000万以上
924円
※手数料価格は全て税抜き価格 ※2017/6/26現在


かつて時間外では利益を得ることはできませんでしたが、

夜間取引(PTS取引)では同様の取引ができるので、利益を得ることが可能になりました!



そして何より時間外に取引ができることの醍醐味としては、情報にすばやく反応できることですね☆

今までは市場の取引時間しか株価は動かなかったのが、これからは夜や早朝になります。

そういった意味でも、この夜間取引(PTS取引)は相場のセオリーを変えてしまうかもしれないですね。



詳しくは「これからの夜間取引」のページがあるので、見てください☆



▲このページのトップへ▲


10. その他

バックアップサイトがある

ネット取引最大の障害であるサーバーのダウンやネットトラブルに対応して、SBI証券では

バックアップサイトを常に設けています。

万が一のときでも、こちらを利用すれば安心して売買ができます☆実はこういうトラブルって結構起きます



携帯での取引も可能。

ドコモ・Au・ボーダフォン・AIR-EDGEに対応しています。

ドコモでは株価自動更新をしてくれるHYPER MOBILEが無料で使えます。



◇その他取扱い金融商品

立会外分売・米国株式・中国株式・韓国株式・ロシア株式・ベトナム株式・インドネシア株

シンガポール株式・タイ株式・マレーシア株式・投資信託・債券・外国為替(FX)・先物・オプション

eワラント・保険・ETF・REIT・証券投資法人・個人型年金

▲このページのトップへ▲



株初心者でもベテランでも、使いやすいSBI証券は口座を開いていて損はないと思います。

SBI証券の口座開設(無料)

↓  ↓  ↓


SBI証券資料請求(無料)」



NISA(ニーサ)で比較」、「NISA(ニーサ)とはを新たに追加☆
-NISA(ニーサ)-
比較したい方は…
知りたい方は…
NISA(ニーサ)
-サイトコンテンツ-
トレーダーズプレミアム
経済ニュース
世界の株価
世界の株価を見る!
(30秒おきに自動更新☆)
管理用ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
超おすすめサイト!やさしい株のはじめ方 / 初心者のための割安株ドットコム / スイングトレードの達人
サイトマップ  |  証券会社を比較  |  情報を収集しよう!  |  リンク集  |  お問合せ

サイト内及びリンク先の情報等で生じた損害、
トラブル等につきましては、管理人は一切の責を負いません。
尚、株式など投資は自己責任で行ってください。
Copyright © 2017 株ってなぁに? All Rights Reserved.
当ホームページの全ての文章の文責および著作権は「株ってなぁに?」に帰属します。
guided by Web-atelier imoto